最近の住宅でブームになっているのが、ガレージハウスと呼ばれる、家の中にガレージを併設した住宅です。そのメリットはいくつかあります。一つは、住宅とガレージが家の中で接続されているため雨の日なども濡れることなく家に入るができる点です。これは逆に雨の日でも濡れることなく車で外出できるというメリットもあります。多くの場合にはガレージの出口にはシャッターなどの扉が取り付けてあるため、ガレージの中に車を入れておけば雨風が凌げることになります。このようなガレージハウスのメリットは、車の収納だけに利用可能なものではありません。家の中から自由に出入りでき、雨風が凌げるという環境は様々な用途に利用出来るものです。その為、最近では車を所有していない人にも高い人気を誇っています。

子供の遊具置き場に利用する方法があります

ガレージハウスのメリットは雨風が凌げ、家の中に直接入る事ができるというメリットがあります。このメリットを生かして、子供の遊具置き場として利用する方法があります。子供が外で遊ぶときに使用する遊具は外で使用することから泥や埃が付きやすいものです。これらの物を外に放置しておくと雨に濡れてしまったり、風や直射日光などでいたんでしまうことも少なくありません。又、小さなもので有れば洗って家の中にしまっておくこともできますが、多くの家では収納場所がないことが多く置き場所に困ってしまうことも多いのです。さらには外に出しておくと盗難などの恐れもあることなどからその収納に困ってしまうことも少なくありません。ガレージと家が一体になっている場合であれば、そのガレージの中にそのまま収納できるため、置き場所に困らずに安全に収納することができます。

ちょっとした物置や作業場としても利用できます

ガレージや駐車場が家にあると様々な用途に利用できますが、ガレージハウスの様に家の中と接続されている場合にはさらにその用途が広がります。埃やゴミが出るような作業は通常家の中ではなかなかできないものですが。外では風の強い日や雨の日では外で行う事もできないため、その作業ができないことも少なくありません。例えば園芸のすきな人などは草花の手入れを行いたいものですが、土などを家のなかで扱うには抵抗のある人でも、ガレージのスペースを有効に利用して作業を行うことができるのです。また、家の中とはつながっていると同時にドアなどで遮断されているため、独立したスペースとなっているとところも使い勝手の良いメリットといえます。汚れものを家の中に持ち込まずに安全に保管できるという点も大きなメリットとなっています。