ガレージハウスは、1階部分をガレージとし、2階部分を居住スペースとして設けた建物です。一般的な自宅として使用している人も居れば、趣味のセカンドハウスとして利用している人もいます。自宅として使用するメリットとしては、1階部分に駐車スペースを設けることができるので、近隣に駐車場を確保できないといった場合にも自動車やバイクを保有することができます。また広いガレージを確保することによって、メンテナンスやチューニングといったことも行うことが可能です。また賃貸で貸し出しているところもあり、セカンドハウスとして借りることで、1階部分を駐車場として、2階部分を別荘として使用することができます。特に大きな魅力は1階部分を広々としたスペースを利用することができ、駐車場のほかDIYなどを行う工房としても使うことができます。

ガレージハウスのメリットとデメリットは

メリットとしては、やはり家の敷地内にガレージを持つことができることで、2階以上を居住スペースとすることで建物が密集し駐車場を確保するのが難しい地域で駐車場を確保できます。また自宅をガレージとすることで駐車場まで行く必要がなく、また電動シャッターであれば雨の日も濡れることなく自動車で出入りすることができます。一方でデメリットとしては、1階部分の開口部を大きく取るため、強固な工法でなければなりませんから、建てることができる方法が限られます。特に開口部を広げると大きい柱となるので、相応の敷地の広さが必要になります。またガレージとしての設備も設置しなければいけませんし、照明や電動シャッターなどを設置する必要性から、そのための設備費も増えるため、建設費が高くなる場合があります。

ハウスを作るさいのポイントについて

ガレージハウスを作るさいのポイントはその用途を明確にしておくことです。単なる駐車スペースとしたい場合には開口部は、最小限で良いですが作業を行いたい場合には作業スペースを確保しておく必要があります。またガレージ内でエンジンを掛けた状態では排気ガスが溜まってしまうので、換気設備も工夫する必要があります。排気ガスの換気が上手く行かないと2階以上にガスが侵入して居住環境を著しく悪化させます。また騒音対策も必要です。防音壁とすることで音そのものは遮断することができますが、振動などが響く場合があるので工法に留意する必要があります。工法としてもっとも適しているのは鉄筋コンクリート造ですが、コストが割高です。木造は間口を取りにくい傾向にあり、鉄骨造は建物が揺れやすいので反響音が響きやすいなどのデメリットがあります。