ガレージハウスは、その名の通り車を保管するためのガレージが家になっているような住宅のことを指します。簡単に説明すると、ガレージに沢山のスペースを割いている住宅、と言えるでしょう。愛車をお手入れするのは,車好きの方にとっては大事な時間です。車好きの方の中には、手入れをしている時間は愛車と対話しているような気分になる、という方もいるようです。ガレージと一体化している家なら、こうした大切な時間を自宅に居ながら過ごすことが可能になります。庭先や自宅前の道路などで洗車したり、お手入れをしている人はよく見かけかもしれませんが、自宅ガレージに専用の設備を置き、作業をしている人というのはそれほど見かけないのではないでしょうか。車好きの方にとっては、まさに憧れの存在とも言えるでしょう。今回は、ガレージハウスのおすすめの利用法をご紹介します。

家族皆で楽しむためのガレージスペース

ガレージと一体化した家、と聞くと「男性の趣味」といった印象を受ける方も多いのではないでしょうか。しかし、ガレージハウスは家族みんなで使って楽しい時間を過ごすことができます。例えば、玄関脇にガレージを配置すれば、晴れた日だけでなく雨が降った時も軒下を通り抜けると、玄関とガレージの間を濡れずに移動することができます。リビングとの境界をオープンにした場合にも、なるべく自然に馴染むような内装デザインにすれば、違和感も少なくなります。年を重ねたシニアの方や、趣味で車を楽しみたい大人にピッタリな空間を作ることができます。また、車を置くスペースの脇にカウンターを取り付けて天井にオシャレな照明を付けると、まるでカフェに車を置いているような空間になり、ママも大満足。大人だけでなく、子供たちも喜びます。家の中で寛ぐ時間を、愛車と一緒に楽しみたい方に最適です。

ガレージにテラスを設けてティータイムを楽しむ

ガレージのスペースに、テラスを設けるのもおすすめの方法です。光が沢山降り注ぐテラスには、お気に入りの観葉植物を添えて、友達を読んで一緒にお茶を楽しむことができます。こうした設計であれば、明るくオープンな空間に人が集いやすくなりますので、皆と一緒に楽しむ時間を共有できます。もちろん、ガレージから室内まで雨に濡れる心配がない点は大きなポイントです。また、ガレージの上部にミドルストレージを設置すれば、使い勝手が向上してさらに快適に過ごすことができます。ミドルストレージには車用の道具を保管することもできますので、使いたい時に色々と活躍してくれます。ガレージ部分は作業用スペースに加えて、ギャラリー風にしたり、プロジェクターを設置して上映会を楽しむのもおすすめです。